HOME | リサイクル施設

リサイクル施設

発泡スチロールの再生

発泡スチロールは魚箱、梱包資材など実にさまざまなものに利用されていますが、廃棄されゴミになった場合の適正な処理については未だに課題になっているのが現状です。当社では昭和50年に発泡スチロールを溶かして減容しプラスチック原料として再利用する「減容機」を導入、リサイクルに努めています。
一般的な減容処理では電気炉を使い230~250度の高温で発泡スチロールを溶かすのですが、当社の「エコロボエース」は圧縮・撹拌することで発生する摩擦熱のみで軟化脱泡を行います。省エネルギーであることはもちろん高温で溶かす際には発生する臭いも、このシステムではほとんどありません。また低い温度で処理するため製品が黒ずむことも少なく、その分リサイクルの可能性が広がります。減容された発泡スチロールはブロック状に成型され、さまざまなプラスチック製品の原料として利用されています。

リサイクルシステムの流れ

1.発泡スチロールは、専用破砕機により一定の大きさに破砕されます。
2.破砕された発泡粒は、異物を自動分解しつつ、ストックタンクへ空送されます。

3.タンクより可変速スクリューによって定量ずつ、しかも発泡倍率による変動もコントロールしながら処理部へ供給されます。
ECOLOBO-ACEの減容システムは発泡スチロールを加熱することなく、圧縮、撹拌し、その時発生する熱を利用して軟化脱泡する安全で無公害な再生処理機です。

4.この後、ブロック状になった「発泡スチロール減用品」はコンテナに荷積みされ輸出されます。香港の再生業者、成型業者により適正な処理の後、私たちが普段の生活で使用するいろいろなプラスチック原料として生まれ変わります。

アクセスマップ


住所:岩手県滝沢市柳沢1345-2
電話番号:019-688-3277

リサイクル施設のご見学

施設見学についての詳しいお問合せは、下記電話番号まで、お気軽にお問合せください。
営業時間:平日9:00~17:00(定休日:日曜・祝日)
電話番号:019-661-4537

有限会社藤忠商事

本社:岩手県盛岡市西松園4丁目2-6
電話番号:019-661-4537
FAX番号:019-661-6956

リサイクル施設

住所:岩手県滝沢市柳沢1345-2
電話番号:019-688-3277